2014年05月

8月 大阪のライブが増えました

みなさん、こんにちは。

8月23日(土)に大阪 八戸ノ里 Bar 蓄音器さんで
ピアニスト清水武志さんとのデュオが決まりましたので大阪方面の方、是非とも宜しくお願いします♪
20:00~
チャージ 2000円


スポンサーサイト

7月以降のライブスケジュールまとめ

みなさん、こんにちは。
ちょっと更新滞っていたらトップページにとうとう広告でてしまいました。。。

さて、7月以降、ぼちぼちのペースではありますが少しづつ活動していきます。

7/16 (水) 神戸 Born Free
19:30~
高橋知己(ts)
小場真由美(p)
大森秀斗史(dr)

7/20 (日) 武庫之荘 M クワトロ
安田知央(vo)
佐伯真梨(p)

8/10 (日) 神戸 Born Free
12:00オープン 13:00スタート
浴衣 de Live
増田幸代(vo)
小場真由美(p)

9/7 (日) 神戸 Born Free
大友孝彰(p)

9/27 (土) 神戸 Big Apple
佐伯真梨(p)
松田‘ゴリ’広士(dr)

8月の浴衣ライブはお昼のライブですのでご注意ください。
出演者もお客様も浴衣を着て楽しむイベントです。もちろん普段着でも大丈夫ですよ。
去年大盛況で今年は第二弾です。
箕面の呉服屋さん(浴衣展示)と京都丸太町にあるハワイアンショップ(展示販売)とのコラボイベントですので
通常のライブとは違った楽しみ方ができると思います♪

そして9/7は関西で大活躍中のピアニスト大友孝彰くんとのデュオです。
才能あふれる彼はこの数日後にNYへ旅立ちます。帰国の予定は今のところ未定だそうです。
すばらしい彼と最後のデュオを是非聴きにきてください。

さてさて、5月も終わりに近づき、もうすぐ6月ですね。
やってきました、梅雨の季節。。。弦楽器には厳しい季節です。

梅雨に入る前に神戸のアルチザンハウスへ行ってベースのエンドピンの交換をお願いする予定です。
エンドピンとはコントラバスを支える一番下から出ている棒のことでして、私のエンドピンはチェロのそれのように細い仕様になっていました。この細いエンドピンで14年やってきたわけですが、今回の活動休止中に太いものに交換することにしました。

今の私の楽器は一台目ですが、自分で言うのも何ですが、とてもいい楽器なんですよ。
少し小ぶりで、ネックは細め。なのに結構音が鳴るんです。
気に入らないところはあえて言えばニスの色ですかね。ちょっと明るすぎてバイオリンみたいな軽い印象がありますね。
黒っぽいニスの楽器はベースっぽくって憧れます笑
とはいっても、ニスの色と音とは関係ないのでね。これからもまだまだ今の楽器と付き合っていくつもりなので、気になるところはどんどん直していこうと思ってます。
現在の細いエンドピンだと、楽器内部にあるエンドピンがたわみ、変な振動音がするんです。ビーっていいます。
今まではだましだましで振動音をならさないようにエンドピンの位置を変えたりしてましたが、やっぱりストレスには変わりありませんでした。
細いのから太いのに変えるので楽器の穴を広げるし、ピン自体も太くなるので音の響きも変わることでしょう。ポジティブな変化になることを期待しているのでとても楽しみです。
んで、そのついでに新しい弦を張り替えてもらう予定です。自分で張り替えろ!って感じですが、ちょうど新しい弦を購入したのでせっかくならお願いしちゃお☆と思って・・・。
いや、弦の張り替えもけっこうひと仕事なんですよね。今時期はまだいいですけど、夏なんか汗だくになっちゃいます。

新しい弦とはピラストロ社のエヴァ・ピラッツィ。ベーシスト西島徹さんが張ってて素晴らしく良い音だったので張ってみることにしました。私と私の楽器に合うかな。
今までは師匠 坂井紅介さんから譲り受けたダダリオのヘリコアを張っていました。スチール線です。芯もスチール。
長年のスチール弦からシンセティック(合成ナイロン)コアのクロムスチール弦へ☆
実は芯が金属じゃない弦を張るのって初めてなんです。どんな感じになるか楽しみ!!!
むかしピラストロのパーマネントという弦を張ってたことがありますが、あれも芯は金属だった。。

読み返すとたくさん書いたなー。すみませんね、書きたいことつらつらと。。だらだらと。。

またアップします☆